​習い事としての音楽

●小中学生からの習い事​●

小さい頃からやってなければいけない!

そんなことはありません!

何歳からでも遅くはありません!

​学校ではなく、外に出てマンツーマンで学ぶ

​自分を知るいい機会になります

​ピアノをはじめ、楽器学は

譜面で見たものや、聞いた音に合わせて、右手、左手など

 

体を動かします。

この一連の流れが脳に良いとされ

なぜそうなるのか、 を考える力

それならこうしよう、 という決断力

​自ら考える子どもを育みます

学校や塾ではできない実践力。

​暗記してテストの点がいいのではなく、能率のいい勉強法を編み出せるタイプへ。

​是非、体感してみてはいかがでしょうか?

●大人からの習い事​●

​学ぶ機会が減ってくる大人

そう!今だからこそ、音楽をやってみよう!

仕事一辺倒の生活は脳の海馬(記憶を司る領域)や扁桃体(感情を司る領域)に悪影響を与え、

記憶力や気力を低下させるとのこと。

そこで必要なのは、「楽しい気持ち」

新たな学びや音楽によるリラックス効果、発見や好奇心が必要なのかもしれません。

●ストレス発散

●毎日の疲れとやる気

●息抜きになる

●気分転換になる

音楽のリラックス効果

それは医療の現場でもその影響は良いとされています。

また何かに熱中する、好奇心

とは脳の老化スピードが抑えられると同時に脳が成長し続ける

効果を促すのだそう。

脳の活性化には好奇心が効く

20代後半より脳の機能は衰えはじめると言われています。

​思考や判断、コミュニケーション。そんな脳の働きにも音楽は有効だそうです。

頑張っている

頑張ってきた

​そんな大人の方々にこそ音楽を♫

番外編コラム「習い事としての音楽」は、

音楽教室をやっている事で疑問に思う事をいろんなページを参考にソラカナなりに書いてみたものです。

      

        © 浦安市にある新浦安のピアノ教室 音楽教室 ソラカナ

​次回コラム「優雅、バイオリン

content

空、奏で ピアノ教室

        音楽教室   

晴れ渡る空

空をつらぬくように

願いが叶うように

人から人へ音楽を

つないでいきたいとおもい

ソラカナはできました

​▶︎発表会|レコーディング実習

​up!

​ここにしかないものがある!そう!

空、奏で 音楽教室

© 2017 ソラカナ 浦安の皆様に愛されて

  • Twitter Social Icon
  • LINE_Icon
  • Facebook Social Icon